西尾ゼミと掛谷ゼミが、大手前大学、京都女子大学、近畿大学の合同ゼミに参加しました

2016年12月10日、大手前大学において合同ゼミが開催されました。参加校は大手前大学、京都女子大学、近畿大学の3大学からの計9チームです。京都女子大学からは西尾ゼミと掛谷ゼミが参加しました。合同ゼミとは、テーマに沿った企業を各チーム1つ選びその企業について発表するものです。今年のテーマは「メーカーX社の現状分析と今後の課題」でした。

西尾ゼミは後期から合同ゼミの準備に取り掛かりました。約3か月の準備期間は本当にあっという間で、とても濃い期間でした!疑問点があるとチーム全員で解決のために考えるのが、苦しくもあり楽しかったです。また、合同ゼミを通して苦楽を共にしたゼミの結束力はとても強いものになりました!

合同ゼミでは、様々な企業を知ることができるのも重要なポイントです。どのチームも詳しく企業分析をしていたので、興味深い発表ばかりでした。質疑応答の時間でも各チーム丁寧に質問に答えてくれました。また、発表後の懇親会では和やかな雰囲気の中、他大学と交流を深めることができました。

そして、気になる結果は、、、1位西尾ゼミCチーム、2位掛谷ゼミBチーム、特別賞西尾ゼミBチームでした!!! 表彰されたみなさん、おめでとうございます☆

最後に、合同ゼミを準備して下さいました先生方、講師の皆様、大手前大学の皆様ありがとうございました。

発表後、西尾先生とゼミ生の集合写真

西尾ゼミと学習院大学経済学部の脇坂ゼミとの交流ゼミを開催しました

この度、西尾ゼミは12/10(土)京都女子大学S校舎において、学習院大学経済学部の脇坂ゼミとで交流ゼミを行いました。西尾ゼミから3チーム、脇坂ゼミから2チームが各々の研究を発表し交流を図りました。西尾ゼミの発表内容としては、先日の合同ゼミと同様の「メーカーX社の現状分析と今後の課題」についてです。各チーム、多くの時間を投入して創り上げてきた発表を、胸を張って発表していました。脇坂ゼミの方々の発表においても、「女性の社会進出について」など興味深いものばかりでありました。ゼミにおいて経営学を主に学んできていた学生にとって、様々な物事に目を向け知識を深めていくことの大切さを感じてくれたのではないかと思います。

発表終了後は懇親会をおこない、お互いの大学について、将来についてなど、各々が普段関わることのできない縁を大切に感じながら交流を図ることができました。この交流ゼミはゼミ生の中でもとても貴重な経験として心の中に残っていくのではないかと思います。 最後に、東京から遥々お越しくださった学習院大学・脇坂先生また脇坂ゼミの皆様、ありがとうございました。

 

京都刑務所に行ってきました

嘉本ゼミ生有志と、このたび京都女子大学と提携を結んだ京都刑務所へ10月22日(土曜) 第39回京都矯正展に行ってきました。

犯罪社会学を受講した学生が、少年犯罪の再犯率に着眼し、卒論を書きたいとと言ってきたので、じゃあ、刑務所にGO! 20人でグループになり、受刑者が作業をする場所、お風呂など見て回りました。刑務所で作られた家具なども展示販売されていました。また、保護司の女性たちのグループや、少年鑑別所や法務省矯正局など、普段お会いできない方々が出店されていて、ちょっとした文化祭のような雰囲気でした。

件のゼミ生は、刑務官になりたいと、すっかり魅了された様子。親を説得できそうにないらしいですが。新しい世界を知ると、未来の選択の幅が広がります。

 

img_2324

img_2325

 

第19回修道夏祭りに社会調査演習奥井クラスがボランティア参加しました

京都女子大学が位置する東山区は古い家屋が多く、高齢化率が32.4%と京都市の中で最も高い都市型超高齢化地域です。社会調査演習奥井クラスでは、この少子高齢化の進行する東山区の地域社会の現状と課題について、統計資料分析や観察、地域の方々のレクチャーなどを通じて勉強をしてきました。

8月27日(土)に東山区修道学区恒例の「修道夏祭りgood-bye summer」が東山総合支援学校校庭にて開催されました。奥井クラス学生のボランティア参加は今年で2回目、今回は昨年参加した4回生2名も応援に駆け付けてくれました。

修道夏祭りは学区が主催するお祭りとしては他に例をみないほど規模が大きく、出し物や屋台も豊富にそろっているのですが、ここに一切業者を入れず地域の有志の方々が手分けをして準備・出店をしていることが特徴です。

奥井クラスの学生は当日朝の仕込み作業からお手伝い。「一生分のから揚げを揚げた~~!」と言いながら、お祭り本番も屋台での販売に奮闘して地域の方々から喜んでいただきました。

後期の社会調査演習では、修道学区自治連合会で活躍する女性役員の方々を対象に、生活史インタビュー調査を実施する予定です。

イカ焼き担当の3回生岩崎香理さん、大西ひなのさん
イカ焼き担当の3回生岩崎香理さん、大西ひなのさん
生ビール担当の4回生岡田七海さん
生ビール担当の4回生岡田七海さん
ヨーヨー釣り担当の3回生滝澤綾子さん  少子化で学校の統廃合が進む東山区ですが、お祭りには近隣の子供たちが集まります。
ヨーヨー釣り担当の3回生滝澤綾子さん 
少子化で学校の統廃合が進む東山区ですが、お祭りには近隣の子供たちが集まります。
日暮れ前からこの人出。
日暮れ前からこの人出。
夜になると提灯と手作りの行燈が幻想的。
夜になると提灯と手作りの行燈が幻想的。
舞台には京都女子大学チアリーディング「GALAXIE」の皆さんも出演。
舞台には京都女子大学チアリーディング「GALAXIE」の皆さんも出演。この写真はまいぷれ下京区・東山区担当の市川涼一氏よりお譲りいただきました。

文責:奥井

環境政策系ゼミ大村真唯さん・加藤愛奈さんが世界学生環境サミットに参加

2016年7月25日から2016年7月29日まで、環境政策系ゼミ(担当:諏訪)の大村真唯さん・加藤愛奈さんがイギリスで開催された世界学生環境サミット(World Student Environmental Summit: WSEN)に参加しました。

今年第9回目を迎える世界学生環境サミット(WSEN)は、今回の担当校であるイギリスのサセックス大学・キール大学の共同開催で世界各国から80名以上の学生が参加して行われました。約1週間に亘るプログラムでは、世界各国の環境問題とその解決に向けた市民参加のあり方を中心に、ワークショップ形式、講義形式等様々な場面の中から学生自身が情報交換し、発信する場が設けられました。

本学からの参加者となった大村さんと加藤さんは、個人プレゼンテーション(琵琶湖の外来種問題の調査報告)、および静岡県の廃棄物対策)を行った後、様々なワークショップ、フィールドトリップに参加しました。英語による専門的な話題に関する議論においてもコミュニケーションを積極的に取り、「国際性とは何か」について深く考えるきっかけとなったようです。 環境政策系ゼミでは今後も世界学生環境サミット(WSEN)等を通じて、国際的な環境政策について考えていく場を設けていきます。

サセックス大学からオックスフォード・マンチェスター方面のバスに乗る
サセックス大学からオックスフォード・マンチェスター方面のバスに乗る。右が諏訪先生。
図1
WSEN開会セレモニー。サセックス大学(ブライトン)
図3
多国籍な学生さんたちと(加藤さん)
図2
多国籍な学生さんたちと(大村さん)
図4
キール大学(マンチェスター)での全体写真

新任の中道仁美先生の自己紹介です

私は京都市の出身で、大学院まで京都にいましたが、就職して東京、札幌、松山(愛媛県)に居住し、久々に京都に戻ってきました。

調査研究のため、国内外に出かけることが多く、同じ対象地や人を長期にわたって訪問しています。

スウェーデンの調査は1999年から2009年までの11年間に合計9回、ほぼ毎年通いました。ホテルなどない山間の過疎地で、家を一軒借りて、自炊しながらの調査です。

nakamichi-book初期の段階では、調査よりも、いろいろなお誘いに応じることで、協力していただける環境を作ることが必要でした。

日本食が珍しい時期でしたので、ありあわせのもので、日本食もどきを作ってパーティーなんかも開催したものです。

その成果を2012年に上梓し、地域学会賞をいただきました。

 

AO入試ガイダンス・情報系授業体験コーナーにもご参加ください

 

AO入試ガイダンスは8/6(土)14:30〜15:00、掛谷先生のミニ講義のすぐあとです。現代社会学部が求める学生像、AO入試の概要、出願方法などを説明して、出願書類も配布します。またこの時レポート講義のテーマも発表しますので、AO入試の受験を考えられている方はぜひご参加ください。

8/5(金)・6日(土)・7日(日)の11:00-13:00は、J校舎402教室で情報系授業体験コーナーがあります。これは現代社会学部で実施している情報系の授業の内容を高校生向けにアレンジしたものが体験できます。

ぜひご参加ください。

 

オープンキャンパス用の動画も撮影中です

オープンキャンパスで流す動画のために進研アドの方と打ち合わせと撮影をおこなっています。内容は、嘉本先生と宮下先生による新専攻の説明などを含みます。学生さんにも登場してもらっています。下は本格的な撮影風景。この時期学内ではけっこう撮影があって、カメラマンの人が反射板もってうろうろしていたり、メイクさんらしき人が学生さんの髪を直してたりするのをよく見かけます。

IMG_0998内容の打合せには就職活動のエントリー・シートよりも難しいといいながら、取り組みました。

IMG_0997
ポケモンしているのではありません

長谷川明音さん(4回生)は、清水寺の近くのバイト先ででの京都ならではのグローバル体験や、シリア難民はなぜドイツに向かうのかというテーマで論文を書いていることを話しました。

袋田春菜さん(4回生)はお母さまの影響を受けてKポップファンになったそうです。韓流ブームの影響と娘のKポップファンに相関関係があるのかを社会調査(ソーシャル・リサーチ)を用いて卒業論文に取り組んでいることを話しました。

樋口眞弥さん(4回生)は、教職免許を3種類履修し、取得を目指していること、ゼミでは仲間に恵まれ意見を交わしながら切磋琢磨できること、など言いたいことが盛りだくさんでスマホを使って整理をしていました。

動画は大学のホームページ( http://www.kyoto-wu.ac.jp/ )にアップロードされますのでお楽しみに。

オープンキャンパスで現代社会学部3専攻まるわかりイベントを開催します

 

平成29年4月、現代社会学部に新たな3専攻が誕生します。国際社会専攻、現代社会専攻、情報システム専攻の3専攻が新設されます

この件について、オープンキャンパスで「現代社会学部3専攻まるわかりイベント」を開催します。

8月5日(金)13:40-14:20 は嘉本伊都子教授
8月7日(日)13:40-14:20 は宮下健輔教授

が新専攻について解説します。J校舎J302教室ですのでぜひご参加ください。