5/21 (日) 京都女子大学現代社会学部公開講座「恋愛と結婚からみる日本文化と現代社会:人口減少社会にいかに向きあうか」

公開講座の告知です。

今年度より現代社会学部には、現代社会専攻・国際社会専攻・情報システム専攻の3つの専攻が開設されました。この3つの専攻の開設を記念して、公開講座『恋愛と結婚からみる日本文化と現代社会――人口減少社会にいかに向きあうか』というイベントを開催いたします。現代社会学部ならでは視点から、現代の恋愛・結婚事情についてマジメに柔らかく考えていくイベントです。興味のある方は是非ご参加下さい。

【趣旨】

最近「恋活・婚活」や「草食系男子」といった言葉を良く見聞きすると思います。また、恋人がいない若者の割合が過去最大の割合に達しているという調査結果が発表され、大きな話題になりました。これらの言葉の流行や調査結果のニュースは、人口減少社会を迎えた現代社会の将来に対する危機感を表しているといえるでしょう。そこで、このシンポジウム形式の公開講座では、現代社会学部ならでは視点から、現代の恋愛・結婚事情について考えていきたいと思います。

【日時】
日時:2017年5月21日(日)13:00~16:30
場所:京都女子大学 B517教室
参加費:無料・事前申込不要

【登壇者】
井上章一(国際日本文化研究センター教授) 「ブラジルの草食系男子」
橘木俊詔(本学現代社会学部客員教授)「肉食女子・草食男子の意味」
西尾久美子(本学現代社会学部教授)「伝統文化の担い手「舞妓さん」の当世事情」

コーディネーター:森久聡(本学現代社会学部准教授)

西尾ゼミと掛谷ゼミが、大手前大学、京都女子大学、近畿大学の合同ゼミに参加しました

2016年12月10日、大手前大学において合同ゼミが開催されました。参加校は大手前大学、京都女子大学、近畿大学の3大学からの計9チームです。京都女子大学からは西尾ゼミと掛谷ゼミが参加しました。合同ゼミとは、テーマに沿った企業を各チーム1つ選びその企業について発表するものです。今年のテーマは「メーカーX社の現状分析と今後の課題」でした。

西尾ゼミは後期から合同ゼミの準備に取り掛かりました。約3か月の準備期間は本当にあっという間で、とても濃い期間でした!疑問点があるとチーム全員で解決のために考えるのが、苦しくもあり楽しかったです。また、合同ゼミを通して苦楽を共にしたゼミの結束力はとても強いものになりました!

合同ゼミでは、様々な企業を知ることができるのも重要なポイントです。どのチームも詳しく企業分析をしていたので、興味深い発表ばかりでした。質疑応答の時間でも各チーム丁寧に質問に答えてくれました。また、発表後の懇親会では和やかな雰囲気の中、他大学と交流を深めることができました。

そして、気になる結果は、、、1位西尾ゼミCチーム、2位掛谷ゼミBチーム、特別賞西尾ゼミBチームでした!!! 表彰されたみなさん、おめでとうございます☆

最後に、合同ゼミを準備して下さいました先生方、講師の皆様、大手前大学の皆様ありがとうございました。

発表後、西尾先生とゼミ生の集合写真

西尾ゼミと学習院大学経済学部の脇坂ゼミとの交流ゼミを開催しました

この度、西尾ゼミは12/10(土)京都女子大学S校舎において、学習院大学経済学部の脇坂ゼミとで交流ゼミを行いました。西尾ゼミから3チーム、脇坂ゼミから2チームが各々の研究を発表し交流を図りました。西尾ゼミの発表内容としては、先日の合同ゼミと同様の「メーカーX社の現状分析と今後の課題」についてです。各チーム、多くの時間を投入して創り上げてきた発表を、胸を張って発表していました。脇坂ゼミの方々の発表においても、「女性の社会進出について」など興味深いものばかりでありました。ゼミにおいて経営学を主に学んできていた学生にとって、様々な物事に目を向け知識を深めていくことの大切さを感じてくれたのではないかと思います。

発表終了後は懇親会をおこない、お互いの大学について、将来についてなど、各々が普段関わることのできない縁を大切に感じながら交流を図ることができました。この交流ゼミはゼミ生の中でもとても貴重な経験として心の中に残っていくのではないかと思います。 最後に、東京から遥々お越しくださった学習院大学・脇坂先生また脇坂ゼミの皆様、ありがとうございました。