現代社会学科留学プログラム説明会を開催しました

7月19日4限に現社の留学プログラム説明会を開催しました。30名近くの学生さんが集まってくれました。参加してくれた皆さん、有難うございました。
 
この留学プログラムは、現社の学生さんだけを対象としています。どの専攻でも参加できます。現社国際研修プログラム委員会に属する教員が現地の大学に足を運んで選んだ留学先です。是非、検討して下さい。
説明会に参加できなかった人で、現社留学プログラムに興味がある人は、7月20日以降、S校舎入口の事務室(S校舎分室)でパンフレットを受け取って下さい。また、プログラムについて質問があれば、下記の国際研修プログラム委員会の委員に尋ねて下さい。どの教員からでも説明を受けることができます。
現代社会学科国際研修プログラム委員会 (委員長:松本、鳥谷、松田、城戸、戸田)
(文責 戸田真紀子)

大学院説明会を開催しました(次回は秋)/大学院卒業生の声

7月11・12・13日に大学院説明会を開きました。参加してくれた4回生の方、有難うございました。次回は秋に開催予定です。下記に該当する皆さん、大学院に興味がある皆さん、学年は問いませんので、どうぞ参加して下さい。

  • 現代社会が抱える問題にアカデミックにアプローチしたい都市政策や環境政策などを専門とする公務員になりたい
  • 教員になりたい・公共性の高い新規ビジネスを立ち上げたい
  • 国連やNPOで働きたい・ジャーナリストになりたい
  • コンサルティング会社やリサーチ会社で働きたい
  • GISシステムでまちづくりに関わりたい
  • 英語を使って東アジアから世界へ、ビジネス・キャリアを歩んで行きたい
  • 研究部門でデータ解析やテキストマイニングをしたいetc.

大学院を修了した先輩からメッセージも貰いました。参考にして下さい。

大学院卒業生の声

YCさん(2015年度卒/現在=JA全農職員)

◯大学院での学びの面白さ、自分にとってどういう意味のある時間だったと思いますか?

学問に深く向き合える時間でした。自分の興味を持つテーマで研究をできることも楽しかったし、講義についても、先生と一対一で行われるため、密度の濃い学びが出来ました。学びの質も学部の時とはまったく違うので、学問を続けたい、より深く学びたいという目的はきっと達成されると思います。

◯大学院を経由して社会で働くメリットはありますか?

院での学びの中で、物事を見る視野や、考え方が深まりました。仕事に直接結びつけることは難しいかもしれませんが、仕事をする中での考え方、日常生活の中で、そうしたことが活かされているのではないかと思います。

院での学びに少しでも惹かれているのであれば、また、もし院を諦めることで後悔するのではないかという思いが少しでもあれば、進学をお勧めします。院での学びはきっと自分が思っている以上に、密度が濃く、充実したものになると思います。また、院に入ると自分も研究者の一員として扱われます。学生ではありません。様々な意味で、貴重な時間を過ごせますし、学んだことはきっと生きていく上で役に立つと思います!

(文責 戸田真紀子)

工藤正子先生のゼミの紹介

みなさん、こんにちは。現代社会学部の工藤ゼミでは、文化人類学的視点から、国境間の人の移動と多文化社会について学んでいます。以下では、3回生ゼミの内容をお伝えして、メンバーをご紹介したいと思います。

【ゼミの内容】

ゼミのキーワードは、〈国境間の人の移動とグローバル化〉です。国境間を移動する人々の経験を学び、人の移動が個人や、より広く国や社会に与えるインパクトについて考えます。例えば、駐在員の親に連れられて海外に出たり、その後、親の出身国に移る「帰国子女」や、自分で留学したり、ワーキングホリデーにでる若者、先進国で働いて母国の家族に仕送りをする労働者、または外国での結婚のために移動する結婚移民、難民の子どもたちなどを取り上げています。これらの人々は移動した国の学校や職場、そして地域社会でどのような経験をし、送り出し国の家族や友人との関係はどう変化するのでしょうか?アイデンティティはどう形成されるのでしょうか?さらに、移民の増加によって、国家や社会はどう変わるのでしょうか?このように移動する人の目から社会を見ることで、見慣れた社会を別の角度から捉え直すことも、このゼミの大きな目標です。

3回生では文献購読とディスカッションを中心に進めています。自分で情報を集めて、整理し、他者に伝えるスキルは、大学内だけでなく、卒業後の社会での活躍にも欠かせません。毎回、一人の担当者が文献の内容を発表するのですが、他のメンバーからいろいろなツッコミが入ります。情報の伝え方のスキルについても、互いにアドバイスをします。メンバー7人の性格や興味関心が化学反応を起こし、いろいろな意味で刺激的なゼミになっています。

7月17日には、4回生メンバーも集まってお茶会をしました。就職した卒業生や、若い研究者の方も参加してくださり、楽しく有意義な会になりました。横のつながりだけでなく、縦のつながりをつくっていくことも、視野やネットワークを広げることに役だっています。お茶会では、くろりん(3回生ゼミ)が、お勧めのケーキをもってきてくれました(以上ゼミ担当教員、工藤正子)。

 

 

【ゼミ・メンバーより】

以下、3回生ゼミメンバー7人が、お互いを紹介します。

  1. おあずさん

工藤ゼミの中で一番おっとりしてて、議論が活発な場の雰囲気を和ませてくれます。それでいて、自分の芯をしっかりと持っていて、鋭い意見を言います。レジュメ(発表資料)を作るのも上手。

  1. ちさっちゃん

要約もレジュメも上手!いつも文献をよく読んでいる。しっかりしていて、相談もしやすい雰囲気の持ち主。

  1. くろりん

ゼミでの課題にいつも一生懸命取り組んでいて、すごく努力家です。そして、意見を積極的に出してくれて、議論を活発にしてくれます!ユーモアのある発言も多くて、ゼミの雰囲気を明るくしてくれます。

  1. みずきち

おっとりほんわかしてるけど、発言は積極的でいつもしっかりと自分の言葉で(感嘆詞が多め)意見を言える人!あとよく謝らんくてもいいとこで謝ってるからもっと自信持って!

  1. 菜々緒

的を射た発言をいつもしてくれるので、メンバーみんなが納得させられることが多いです。また、いつも明るく笑顔で、気配りが上手な人なので、良い雰囲気の中でゼミが進められています。

  1. えんどぅー

毎回、的確な指摘をしてくれます!めっちゃジャーゴン(専門用語、業界用語)を知ってる人です(笑)。逆接はbutをつかいまーーす。

  1. ばばちゃん

工藤ゼミのムードメーカー。

強そうに見えて繊細な心の持ち主。この子に休まれるとゼミの空気が一変しちゃいます(代わりに授業もぐんぐん進みます(笑))

以上、工藤ゼミの紹介でした。

 

現代社会学部「ビクトリア大学春季英語研修」説明会報告

現代社会学科国際研修プログラム委員会主催の「ビクトリア大学春季英語研修」(短期英語研修A: 4単位)説明会が、7月4日(火)、5日(水)のお昼休みに開催されました。20名の学生さんが集まり、北米担当の城戸先生から説明が行われました。

研修期間は2月4日(日)~3月4日(日)[28日間](予定)で、現代社会学部の学生が参加できます。ただし、単位認定は1回生(=平成29年度以降入学生)のみで、2回生以上は単位認定されません。TOEFL, TOEIC スコア等による参加条件はありません。

日本人が苦手とするspeakingとlisteningに重点をおいたプログラムです。

詳しい案内は、9月に再度行いますので、掲示に注意しておいて下さい。

ご質問は、現代社会学科国際研修プログラム委員会までどうぞ。

国際研修プログラム委員会:
城戸(北米担当)、松本(委員長)、
鳥谷、松田、戸田
(文責 戸田)

現代社会学部の2回生西尾ゼミ(演習Ⅰ)で懇親会を行いました!

現代社会学部には1回生からゼミがあり、私たち2回生は毎週火曜4限に行っています。

先日、前期の終わりも見え始めた10回目のゼミで懇親会を行いました。私たちが所属する西尾先生のゼミでは、経営学について学んでいます。企業を知るにはもちろん、就職活動にも役立つ知識を得ることができます。

普段は前もって決めた経営学に関する本を読んで、章ごとにグループを作り、毎週1グループずつ他のゼミ生に内容を分かりやすく説明しています。内容を少し紹介すると、企業はいずれも戦略を持っていて、常に他の企業と差を作るために戦略を考えています。たとえば、私たち消費者には商品やサービスを広告やCMでアピールして、買ってもらうのもマーケティング戦略の一環です。

私たちは、いくつもある戦略論の概要とその戦略を行っている企業とを具体的に結び付けて、学んでいます。ゼミでは通常の講義と違って、戦略をただ学ぶだけでなく、人前で話す力やレジュメを作成する力も養うことができます。

今月にはコカ・コーラへの工場見学を控えており、ただ企業を調べるだけでなく、実際に見学をして企業について学びます。あと1か月で前期が終了するので、このメンバーだけで何かをすることも限られてきました。最後まで協力し合ってゼミに参加していきます!

懇親会では、飲料やお菓子など、わたしたちに身近な商品を、実際に手にとって比べてみました。

現代社会学部2回生
宮原結香・古賀夕貴・森田真衣

 

西尾ゼミ(基礎演習Ⅰ)懇親会を開きました

現代社会学科生は1回生から基礎演習Ⅰの授業でゼミに配属され、アカデミックスキルの基礎を学びます。今回は西尾先生の基礎演習Ⅰのゼミで懇親会を行った様子をご紹介します。

6月27日、S校舎(現代社会学部校舎)ラウンジにて、西尾ゼミ1回生が懇親会を行いました。

京都女子大学に入学してから早3か月。大学生活、後期に選択する基礎演習Ⅱのゼミ、2回生で選択する専攻、主クラスター・副クラスターなどについて、自分たちの考えを話し合いました。

4月時点では大学生活に慣れることに精いっぱいで、将来的なことをまだ想像できていない学生も多かったですが、今日はそれぞれが興味を持っている学び、将来の夢について自分の言葉で周りに伝えることができ、また、一緒に学んでいるお互いの状況についても知ることができました。

とても楽しく、充実した時間を過ごすことが出来ました。

戸田ゼミ3回生が関西国際関係合同ゼミナールに参加しました

戸田ゼミ3回生が関西国際関係合同ゼミナールに参加しました。

 関西一円で国際関係論を学ぶ10のゼミが集う「関西国際関係合同ゼミナール」が今年で10年目を迎えました。戸田ゼミは、2010年の第3回から参加しています。記念すべき第10回合ゼミは、7月1日、阪南大学南キャンパスにおいて開催され、100名を超える学生さんが集まりました。参加ゼミの大学は、神戸大学×3、関大×2、阪南大学、立命館大学、京都産業大学、名古屋市立大学、そして京都女子大学です。

トップバッターの戸田ゼミ3回生は、「ルワンダ女性の活躍の背景~女性議員を例として~」というテーマで報告をしました。4月から準備を続けた成果が十分表れた報告でした。鋭い質問も頂き、学生にとって良い経験になりました。どのゼミの報告もレベルが高く、熱心に質疑応答が行われ、第10回合ゼミは終わりました。

幹事校の阪南大学段ゼミの皆さん、大変お世話になりました。

参加された学生さんの益々のご活躍をお祈りしています。コメントを下さった引率の先生方、有難うございました。

(文責:戸田真紀子)

環境政策系ゼミの3回生が太陽光発電アドバイザーの資格試験に合格しました

2017年6月5日に、環境政策系ゼミ(担当:諏訪) の梅沢美咲さんが太陽光発電アドバイザーの資格試験に合格しまし た。太陽光発電アドバイザーは、特定非営利活動法人日本在宅性能協会が認定している民間資格で、 太陽光発電システムの導入・維持管理を支援するものです。

梅沢さんは、これまでの大学での学びの中で、 日本のエネルギー自給率を上げるために、 太陽光発電が果たす役割に注目してレポートなどに取り組んできました。学びが深まるにつれ、「 太陽光発電を普及させる側の人間になりたい」 との思いが強まったそうです。また、「 太陽光発電について勉強してきたことを何らかの形に残したい」 という思いから、資格の習得に挑戦することを決めました。

資格取得にあたっては、公式テキストを使い、 太陽光発電設備の基本的な知識や、 設置時や契約時における法律なども含め約半年間勉強されました。 また住宅用太陽光発電の設置場所となる屋根の種類や名称、 その内部構造を覚えることも必要です。 これまで建築関係の勉強などは経験がなかったため苦労されましたが、勉強自体は自らの関心の高い分野であったので、 非常に楽しかったそうです。

「今後この資格を生かして太陽光発電設備を普及させることで、 日本が他国に頼らない発電を目指すことに少しでも貢献できればいいと考えています。しかし、 ただ増やせばいいのではなく設置者に良いも、 悪いも正しい情報提供を行い、納得のいく形で設置、 稼働に至るようにすることがこの資格を保有している者の一番の責任であると思います」と、抱負を語ってくださいました。 環境政策系ゼミでは今後も梅沢さんのように、 環境とエネルギーの問題解決にむけて具体的な学びを進める学生を応援していきます。

オープンキャンパスでRubyGirlsを開催しました!

6月のオープンキャンパスでプログラミング体験イベント「Ruby Girls(ルビーガールズ)」を行いました。

RubyGirlsとは、現代社会学部の情報系の学生主体で企画・運営しているプログラミング体験イベントです。

今回は、情報系3・4回生の学生が「Ruby Girls ~プログラミングを通して新しい世界を知ろう~」というタイトルで、実際にパソコンを使い、プログラミング言語 Ruby を使っておみくじプログラムなどを作りました。

プログラミングというと「文系だからよく分からない」といった難しいイメージを持たれがちですが、文系だからといってプログラミングができないというわけではありません。初めは恐る恐る参加していた参加者も、実際に体験していく中で楽しんでもらえたようで、最後には笑顔で帰っていく様子が多々見られました。

参加者の感想にも、「プログラミングでゲームができて楽しかった」、「これからもプログラミングの学習をしてみたい」といった感想が多く見られました。

実際に高校生を対象としたイベント開催は初めての試みだったため、まだまだ課題の残る結果となりましたが、次回のイベントに向けて改善できるよう心がけていきます。

本学で参加していいただけるRuby Girlsは、次回のオープンキャンパス(8月4〜6日)でも開催する予定です。今回参加できなかった人もぜひ参加してみてください!

社会調査演習で祇園新橋景観保全啓発キャンペーンに参加しました

社会調査演習の竹安・森久・奥井クラス合同で、祇園新橋景観保全啓発キャンペーンに参加しました。

祇園新橋は重要伝統建造物群保存地区に指定されており、京都の中でも最も京都らしい佇まいを残している地区の一つとして多くの観光客に愛されています。この地区の美しい景観は地域住民の方々の不断の努力によって守られてきましたが、近年の観光客の増加、結婚式の前撮り撮影の流行によって、通路の占拠や周辺家屋の私有地等への侵入などのマナーの著しい低下がみられ、地域住民の生活を脅かす問題となっています。

6月12日、本学地域連携研究センターと祇園新橋まちづくり部との協力のもと、現代社会学部社会調査演習3クラス約40人の学生と地域住民、NPO法人、フォトグラファー有志の方々と一緒に祇園新橋で啓発チラシを配布し、当地域の景観に関する評価の聞き取りを行いました。

祇園新橋の観光スポット 辰巳大明神

 

 

当日はTV大阪、KBS京都、朝日新聞、京都新聞など多くのメディアが取材に来て、聞き取りに奮闘する学生の様子を撮影しました。

 

梅雨入りのため天候が心配でしたが、奇跡的に晴れて爽やかな陽気となりました。

 

聞き取りの様子
外国人観光客にも積極的に声をかけます。

 

観光客への聞き取りは秋の調査実習に向けての良い実地訓練となりました(写真左は森久先生)。

(奥井)